阪神淡路大震災復興支援・詩の朗読とメモリアルコンサート

明日へのメッセージ

 2020年は阪神・淡路大震災から四半世紀になります。復興支援コンサート実行委員会は大震災の直後から、音楽による被災者の「こころの復興」と被災地域の文化的復活のために活動してきました。そして、震災に関連した全国公募の詩(約3000作の応募)を女優の竹下景子さんが朗読するコンサートを毎年1月17日に開催しています。東日本大震災以降、3月11日の仙台等でも、東北大学災害科学国際研究所が中心に本実行委員会も参加して毎年継続しています。そして詩集「明日への記憶」約三千冊を、被災地の学校や図書館等に寄贈してきました。
 5月の大阪北部地震や7月西日本豪雨では、犠牲者が出る甚大な被害が発生しました。さらに大規模な南海トラフをはじめ、何時、何処で自然災害が勃発するか、予測ができません。
 防災や減災に十分心がけながらも、「夢」や「希望」をもって、未来に語り継ぐメッセージを募集します。とくに若い世代の考えや想いが、これからの人口減社会にとって最も重要です。

明日へのメッセージ:詩・散文応募要項

【応募資格】:10歳以上20歳代(又は自分で若いと思われる方)。
【応募内容】:未発表のオリジナル作品で上記の趣旨に添うテーマの詩や散文。
【応募規定】:400字詰原稿用紙3枚程度(1200文字以内)で下記フォームか、こちらより直接メールにてお送り下さい。
10月10日〆切。個人情報は選考時にのみ使用し、終了後廃棄します。
【発表】:入賞者に12月中に通知致します。優秀作品は2019年1月の朗読会で発表し、詩集として被災地に寄贈します。著作権は実行委員会に帰属。
【後援】:(公財)兵庫県芸術文化協会/兵庫県教育委員会/兵庫県小学校長会/兵庫県中学校長会
【主催】:復興支援コンサート実行委員会
【協賛】:ボックサン/ネイチャープラス/市民節電所会議「癒やしの森」
【協力】:東北大学災害科学国際研究所「みちのく震録伝」

上記に関してご不明点は復興支援コンサート実行委員会へお電話:080-4244-3355か、メールにてお問い合わせ下さい。

※は必須入力です





対応ファイル:テキスト(.txt)word(.doc .docx)エクセル(.xlsx .xlsm .xls)添付可能容量9MBまで